目標は【 日本一 】!!

金沢大学ボート部は「日本一」を目標に活動しています。

レースでのモットーは「並べた相手に勝つ」です。

部員のほとんどが大学からボート競技を始めた「ボート初心者」からのスタートですが、漕手 ・ サポートが一丸となり日本一になるために本気で取り組んでいます。
また大学を卒業し、社会に出た後も恥ずかしくない人間に成長するために「人間力を高めること」も個々が大切にしている理念の1つです。

歴史

金沢大学ボート部は1895年に第四高等学校漕艇部として創部したものが、1949年に金沢大学に引き継がれて金沢大学漕艇部となりました。本年度(令和元年度)で創部124年の歴史をもつチームです。以来、1983年の全日本大学選手権大会での男子ダブルスカルが準優勝、1989年全日本大学選手権大会での女子舵手付きクォドルプルの優勝などの好成績を収めてきました。

近年では2018年の全日本新人選手権大会において女子シングルスカルが3位などの成績を収めています。

また、今年2020年の第47回全日本大学選手権においては、女子シングルスカルが準優勝、女子ダブルスカル、男子舵手付きフォアが6位入賞を果たしました。出場した全クルーが入賞するという快挙を成し遂げました。

現在は金沢市の隣町・津幡町にある河北潟に拠点を置き、1年生から大学院生まで約30名で活動しています。

主将挨拶

こんにちは。今シーズンより主将を務めます、池田慶信と申します。

私たちは今シーズンのチーム目標も昨シーズンと同じく「日本一」を目指して活動していきます。
昨シーズンのインカレでは、日本一という目標は果たせなかったのですが、少しだけその片鱗が見えたような気がしました。そのもう少しをチームとしても個人としてもさらにレベルアップした上で、果たしたいと感じました。
日々の練習では、日頃より応援してくださっている皆様への感謝の気持ちをレースで感動に変えてお返しできるように、日々精進していきたいと思っています。

チームのみんなへ
今年もやはり、色々な大会が中止になってしまうなど、まだまだむず痒い時期が続くと思いますが、一人一人自分なりのモチベーションを持って全員で、全力で、楽しんで行けたらなと思います。
自分なりのモチベーションがわからなくなった時は誰でも周りの人に相談してください。
ボート部の人たちはいつだって話を聞いてくれるはずです。

今後とも金沢大学ボート部をよろしくお願いいたします。

活動拠点

艇庫

住所 : 〒929-0346 石川県河北郡津幡町字潟端り53

※郵便物等は金沢大学宛にお願いいたします。