目標は【 日本一 】!!

金沢大学ボート部では2020年度は「日本一」を目標に活動しています。

レースでのモットーは「並べた相手に勝つ」です。

部員のほとんどが大学からボート競技を始めた「ボート初心者」からのスタートですが、漕手 ・BM(バックメンバー)が一丸となり日本一になるために本気で取り組んでいます。
また大学を卒業し、社会に出た後も恥ずかしくない人間に成長するために「人間力を高めること」も個々が大切にしている理念の1つです。

歴史

金沢大学ボート部は1895年に第四高等学校漕艇部として創部したものが、1949年に金沢大学に引き継がれて金沢大学漕艇部となりました。本年度(令和元年度)で創部124年の歴史をもつチームです。以来、1983年の全日本大学選手権大会での男子2×が準優勝、1989年全日本大学選手権大会での女子4+の優勝などの好成績を収めてきました。

近年では2018年の全日本新人選手権大会において女子1×が3位などの成績を収めています。

現在は金沢市の隣町・津幡町にある河北潟に拠点を置き、1年生から大学院生まで約30名で活動しています。

主将挨拶

こんにちは。
2019年度主将を務めます、松林と申します。

私の今シーズンの目標は、全日本大学選手権で日本一をとることです。
この目標がどれだけ難しく果てしないものかは、練習する度に思い知らされてます。
しかし、目標が困難であればあるほど、それは挑戦する価値があることだと思います。
そして今、この目標を目指して日々鍛錬を重ねています。

自分たちの活動がたくさんの方々によって支えられていることに感謝の気持ちを忘れず、部員一同 精進を重ねて参りますので、応援よろしくお願いいたします。

活動拠点

艇庫

住所 : 〒929-0346 石川県河北郡津幡町字潟端り53