目標は【 日本一 】!!

金沢大学ボート部は「日本一」を目標に活動しています。

レースでのモットーは「並べた相手に勝つ」です。

部員のほとんどが大学からボート競技を始めた「ボート初心者」からのスタートですが、漕手 ・ サポートが一丸となり日本一になるために本気で取り組んでいます。
また大学を卒業し、社会に出た後も恥ずかしくない人間に成長するために「人間力を高めること」も個々が大切にしている理念の1つです。

歴史

金沢大学ボート部は1895年に第四高等学校漕艇部として創部したものが、1949年に金沢大学に引き継がれて金沢大学漕艇部となりました。本年度(令和4年度)で創部127年の歴史をもつチームです。

以来、1983年の全日本大学選手権大会での男子ダブルスカルが準優勝、1989年全日本大学選手権大会での女子舵手付きクォドルプルの優勝などの好成績を収めてきました。

近年では、2018年では全日本新人選手権大会において、女子シングルスカル(笠原)が3位入賞

2020年では全日本大学選手権において、女子シングルスカル(柿島)が準優勝、女子ダブルスカル(笠原・安藤)、男子舵手付きフォア(渡邉・松林・池田・浜辺・C吉田)が6位入賞

2021年では全日本選手権大会兼全日本大学選手権大会において、女子ダブルスカル(柿島・笠原)がFinalAにおいて2着でゴールし、全日本大学選手権大会では優勝、全日本選手権大会では準優勝を果たしました。

そして、2022年では第49回全日本大学選手権大会において、男子舵手付きフォア(松林・浜辺・高尾・前岡・C堀口)が25年ぶりにFinalAに出場し、4位入賞という快挙を成し遂げました。

現在は金沢市の隣町・津幡町にある河北潟に拠点を置き、1年生から大学院生まで約20名で活動しています。

主将挨拶

こんにちは。今シーズンから主将を務めさせていただきます、高橋寛行です。
昨シーズンのインカレでは、チームの目標である「日本一」を達成することができました。自分自身、サポートとして現地に同行し、とても貴重な時間を過ごすことができました。それと同時に、インカレの舞台で戦いたいという思いが強くなりました。
さて、今シーズンからは今の1、2年生がチームの中心になります。インカレに出場した経験のないメンバーがほとんどです。実力はまだまだ先輩方に及びませんが、再び「日本一」を勝ち取れるよう、チーム一丸となって戦っていきます。
昨シーズンはコロナ禍に始まり、様々な面で困難を強いられたシーズンでした。そうした中で自分達が活動できたのは、応援して下さった皆様のおかげです。ありがとうございます。
今後とも、金沢大学ボート部をよろしくお願いします。

活動拠点

艇庫

住所 : 〒929-0346 石川県河北郡津幡町字潟端り53

※郵便物等は金沢大学宛にお願いいたします。